チューリップとバージニアストック

4月のびわ湖イングリッシュガーデンはグラベルガーデンと呼ばれるゾーンでのチューリップとバージニアストックやラッセル・ルピナス、パンジーやハーブ類等の可憐な花との寄せ植えが見頃を向かえています。

少しづつ華やかになりだしたイングリッシュガーデンの花たちです。





チューリップと可憐な花の寄せ植え

4月になると草花が活動し始めますが、街路を賑わすに暫くかかりそうですね。
春の爽やかさにピッタリで街路に先駆けて見頃になった草花たちです。

チューリップとバージニアストックの寄せ植え

イングリッシュガーデンに入って直ぐに目に飛び込んで来るのが、ピンクのチューリップと小花が群れ咲くバージニアストックの寄せ植えです。

最初の画像がピンクのチューリップと白や紫のバージニアストックです。
アブラナ科の植物で花が咲いている期間も長く、花壇やコンテナ等、春の寄せ植えにピッタリの花です。

チューリップと忘れな草の寄せ植え

チューリップと忘れな草

ピンクのチューリップを引き立たせている青い花が、ワスレナグサ(忘れな草)です。
植え付け後、水分を切らさなければ早く成長するのでコンテナの寄せ植え向きです。

花の色は、青に黄色や白等もあり、色あいを考えて寄せ植えする楽しみがあります。

チューリップとカレンデュラ

赤いチューリップと黄色のカレンデュラ

真っ赤なチューリップと黄色のカレンデュラは目にも鮮やかな色あいです。
カレンデュラは別名キンセンカとも呼ばれ、オレンジや黄色、ピンク等の種類と花の大きさも様々あります。

チューリップとラッセル・ルピナス

赤いチューリップとラッセル・ルピナス

赤いチューリップの奥に、ピンクの花穂が立ち上がっているのがラッセル・ルピナスです。
赤、ピンク、オレンジ、黄色、紫、青、白等の色が有り、フジに似た形状の花がビッシリと並ぶ花穂でそそり立っている事から、別名ノボリフジとも呼ばれています。

イングリッシュガーデン内のあちこちで見かけられますが、丈夫な品種で日当たりや水はけの良い場所を好むため、育てやすいのではと思われます。

チューリップとラナンキュラスの寄せ植え

チューリップとラナンキュラス

赤いチューリップとオレンジ、白のラナンキュラス、ノースポールやパンジー等、鉢の寄せ植えです。

鉢の寄せ植えが花が咲いてからの寄せ植えか球根での寄せ植えかは分かりませんが、ラナンキュラスやチューリップを球根から寄せ植えするのは、バランスが難しいかも知れません。

紫のチューリップ

紫のチューリップで囲む

紫のチューリップで囲まれた区域は、これから伸びようとする新芽が多く見られます。
紫のチューリップが引き立ち、出揃っていない花ををカバーしています。

チューリップと水仙

白いチューリップと水仙

白やピンクのチューリップの奥には、ブラーフォックスと呼ばれる水仙が群生しています。
ブラーフォックスは黄色とオレンジ色が対比する大きな花びらで、水仙類が咲く季節の最後に相応しい華やかさでした。

最後に

寄せ植えを楽しむ方も多いかと思いますが、近くの植物園等で自分好みの色あいや品種の組み合わせを確認するのも参考になるかと思います。

チューリップと共に引き立つ花たちでした。
次はチューリップ以外の花を紹介します。